Adobe Acrobat DCを無料でダウンロードする方法は?有料との違いも徹底解説

PDFを編集するためにAdobe Acrobat DCっていうソフトを使いたいけど、できれば無料で使いたい…

こんな悩みに答えます。

Adobe Acrobat DCを無料でダウンロードする方法を知りたいと感じている方は多いでしょう。

本記事では、Adobe Acrobat DCを無料でインストールする方法や使い方、無料版と有料版の違いについても解説していきます。
目次

Adobe Acrobat DCとは

Adobe Acrobat DCとは

Adobe Acrobat_DCはファイルを作成・編集・加工・管理するためのソフトです。

PDFを変換したり編集するソフトは他にもあります。

  • PDFエレメント
  • PDF Shaper Free
  • Hipdf
  • PDF24
  • PDF-XChange Editor

数を上げるときりがないほど変換・編集ソフトはありますが、PDFの編集や共有などのできる種類が豊富で、最も使いやすいのがAdobe Acrobat DCです。

変換であれば、WordやExcelをPDFにしたり、その逆もすることができます。また、JPGなどの画像をPDFにすることも可能です。

またAdobe Acrobat DCは変換以外にも様々な機能があるので、その他の機能についてもご紹介していきます。

Adobe Acrobat DCにできることは?3つの特徴を解説

Adobe Acrobat DCにできることは?3つの特徴を解説

次にAdobe Acrobat DCにできることを解説していきます。

Adobe Acrobat DCの機能①:編集

Adobe Acrobat DCは9つの編集方法があります。

Adobe Acrobat DCの編集機能

  • pdfの編集
  • 注釈を追加
  • テキスト認識
  • ファイルの結合
  • ページを並べ替え
  • ページを解除
  • ページを回転
  • ページをトリミング
  • pdfを分割

PDFを編集するだけでなく、ページを削除・回転・トリミング・分割・並び替えもAdobe Acrobat DCであれば簡単に行うことが可能です。

また、複数のファイルを結合して1つのファイルに結合したりすることもできます。

Adobe Acrobat DCの機能②:共有・保護

Adobe Acrobat DCであれば共有や保護も簡単に行うことが可能です。

Adobe Acrobat DCの機能_共有・保護

パスワードもかけることもでき、Adobe Acrobat DCであれば安心にPDFを送信できます。

共有はお試し機能がないので、Adobe Acrobat DCをダウンロードして使用してみて下さい。

Adobe Acrobat DCの機能③:署名

Adobe Acrobat DCあればオンライン署名も簡単に行うことが可能です。

Adobe Acrobat DCの機能:署名

署名を依頼」と「入力と署名」の2つはお試しで使用することができるので、是非試してみてはいかがでしょうか。

Adobe Acrobat DCを無料でダウンロードする方法は?

Adobe Acrobat DCを無料でダウンロードする方法は?

次にAdobe Acrobat DCを無料でダウンロードする方法について解説していきます。

Adobe Acrobat DCの無料体験版を活用する

Adobe Acrobat DCの体験版は1週間無料でソフトを使用することが可能です。

方法はAdobe Acrobat DCの公式サイトから「無料で始める」をクリックすると体験版を使うことができます。

Adobe Acrobat DCの無料体験版を活用する

\ まずは無料体験版から /

無料版と有料版の違い

Adobe Acrobat DCのお試し・無料版・有料版の違いは下記の通りです。

機能 お試し 無料版 有料版
変換
編集 ×
共有・保護 ×
署名

*〇…全て使用可能 △…一部使用可能 ×…使用不可能

無料版と有料版の性能の違いはありませんが、使用期間が違います。

有料版であれば払っている間は使用可能ですが、無料版は1週間しか使用することができないので注意しましょう。

Adobe Acrobat DCの料金価格

Adobe Acrobat DCの料金価格

Adobe Acrobatの料金価格は個人向けだと「月額1,738円(税込)」法人向けだと「月額2,068円(税込)」です。

基本的に年間契約が必要なので、本当に必要になるのかどうか、無料体験版を使って確かめる必要があるでしょう。

\ まずは無料体験版から /

Adobe Acrobat DCの利用に向いている人

Adobe Acrobat DCの利用に向いている人

Adobe Acrobat DCの利用に向いている人は下記の通りです。

Adobe Acrobat DCのお試し版がおすすめの人

Adobe Acrobat DCのお試し版がおすすめな方は下記の通りです。

  • すぐにPDFに変換したい
  • 普段は全くPDFを使わない
  • ソフトのインストールは容量が必要だからインストールしたくない

お試し版はAdobe Acrobat DCをインストールせず、すぐに変換をすることができます。大学のオンライン授業でPDFに変換しないといけない時などにとても便利です。

急用のために1回使うならお試しが最適ですが、何回も使う場合はAdobe Acrobat DCをインストールしましょう。

Adobe Acrobat DCの無料版がおすすめの人

Adobe Acrobat DCの無料版は下記のような方におすすめです。

  • 何回もPDFに変換する必要がある
  • 普段からはあまりPDFを使わない
  • 1週間以内の短期間のみ使用したい

Adobe Acrobat DCの無料版は1週間使用することができます。

無料版と有料版の違いでもご紹介しましたが、性能的には有料と全く変わらないので短期間のみ使用する場合は無料版が最適です。

Adobe Acrobat DCの有料版がおすすめの人

Adobe Acrobat DCの有料版は下記の方におすすめです。

  • 普段から沢山PDFを変換する
  • オンライン授業でPDFの変換・共有・編集などが必要
  • 長期的にAdobe Acrobat DCを使用する可能性がある

お試し版は機能制限があり、無料版は1週間のみしか利用することができないので、やはり有料版が一番使い勝手が良いです。

1度無料版を利用してしまうと、再度ソフトをインストールしても無料版を使用することは不可能です。

仕事や学校などで毎月使用する可能性がある方は、有料版を購入してみてはいかがでしょうか。

まとめ

Adobe Acrobat DCまとめ

今回はAdobe Acrobat DCを無料でインストールする方法や有料との違いなどの記事は以上です。

  • Adobe Acrobat DCはファイルを作成・編集・加工・管理するソフト
  • お試しで1回web上でPDFに変換することができるが、何度もする場合はソフトをインストールする必要がある
  • ソフトには無料版と有料版があり、性能は変わらないが無料版だと1週間しか使用することができない
  • 有料版にもAcrobat Standard DCとAcrobat Pro DCの2つがあり、スマホで作業する場合は「Acrobat Pro DC」

もし複数(3つ以上)のソフトを使いたいと思っているなら、単体プランで契約するのではなく「Adobe Creative Cloudプラン(Adobe CC)」がおすすめです。

Adobe CCとはイラストレーターやフォトショップ、Adobe XD、Premiere Proをはじめとする20以上のアプリ・ソフトを定額で使用することができます。

adobeccで使えるソフトの一例
Adobe CCでは20種類以上のソフトが使える

写真加工・編集・イラスト制作・動画編集など、Adobeの主要ソフトが揃っているため、まさにクリエイター向けのプランと言えるでしょう。

スクロールできます
ソフト名価格(単体プラン/年間月々払い)
Illustrator2,728円
Photoshop2,728円
Premiere Pro2,728円
Adobe CC6,480円/月
*年間プランの場合
3種類以上の単体プランを契約するときの価格事例

このように3種類のソフトを単体プランで契約した場合、月々8,184円かかりますが、Adobe CCの個人プランは、月々6,480円と毎月1,704円お得に使うことができます。

そのため、コンプリートプランを利用することで、コスパよく最新のアドビ製品を使うことができますよ。

\ まずは無料体験版から /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次