イラストレーターの買い切り版はある?価格と安く買える方法を解説

  • イラストレーターは単体で買えるのか
  • イラストレーターの買い切り版を探している
  • イラストレーターの価格を知りたい

こんな悩みに答えます。

イラストレーターとは、Adobeが販売するベクターイメージ編集ソフトです。雑誌やWeb、広告、ソーシャルゲームなど、さまざまな環境で使用されています。

本記事では、イラストレーターの買い切り版の概要やプラン別の価格について解説していきます。

この記事を読むことで、イラストレーターをお得に利用する方法を知ることができますよ。

目次

Illustrator(イラレ)の買い切り版は販売終了

Illustrator(イラレ)の買い切り版は販売終了

結論から申し上げると、現在イラストレーターは買い切り版の販売を終了しています。

現在流通しているのは旧バージョン

オンラインショップなどでイラストレーターの買い切り版が販売されていますが、現在流通しているソフトは古いバージョンのため、購入はおすすめできません

旧バージョンのデメリット
  • 起動しない
  • 動作中にエラーが発生する

「イラストレーターが安く買える」と思っていても、最新のOSでは動作対応していない場合もあるので注意が必要です。

さらに旧バージョンは「動作がかたまってしまう」「フォントが対応していない」などのエラーが発生しやすい傾向もあります。

一方で最新バージョンのイラストレーターは、新しい機能が追加されてクリエイティブな作業がおこなえるようになっています。

イラストレーターの購入を検討している方は、価格ではなく機能性や操作性を重視しましょう。

中古品はウイルス感染するリスクが高い

Amazonや楽天市場では、「イラストレーターの中古品」が販売されています。

正規品よりも値段が安いですが、中古品はウイルス・スパイウェアが仕込まれている可能性があるので危険です。

またAdobe公式サイトの発表によると、中古品のライセンス販売は禁止されているため、購入しても使用できないことも考えられます。

インターネットオークションサイト、オンラインマーケットプレイス、中古品又は激安品の販売を謳う専門店などで購入した製品は譲渡できません。

引用:Adobe

一部ライセンスを譲渡する方法はあるものの、使用するまでに手間がかかるのが難点です。

中古品のリスクを抱えながらライセンス譲渡の手続きをするのはおすすめできません。

安全性と機能性、導入までの手間を考えると「最新バージョンのイラストレーターにするのが得策」と言えます。

Illustrator(イラレ)の料金価格|プラン別で解説

Illustrator(イラレ)の料金価格|プラン別で解説
スクロールできます
プラン名年額料金月額料金
年間プラン(一括)28,776円2,398円
年間プラン(月々)32,736円2,728円
月々プラン45,936円3,828円
Adobeの公式サイトから引用

「年間プランの一括払い」は、月額2,398円相当となり、年間プランの月々払いよりも12%お得です。

上記はイラストレーターの単体プラン別の価格を紹介しました。ほかにもAdobeは「コンプリートプラン」を展開しています。

Adobe Creative Cloud コンプリートプラン

契約体系価格/月(税込)
個人6,480円
法人9,280円
学生・教職員1,980円
教育機関4,048円

このように契約体系によって価格が異なります。学生や教職員なら月額1,980円(税込)で利用できるのは嬉しいポイントです。

概要
  • Premiere Pro CC
  • Photoshop CC
  • Illustrator CC
  • After Effects CC
  • Adobe CC XD
  • Dreamweaver CC
  • InDesign CC
  • Lightroom
  • Lightroom Classic
  • Acrobat Pro DC
  • Character Animator CC
  • Aero
  • Animate CC
  • Audition CC
  • In Copy
  • Spark web
  • Premiere Rush CC
  • Dimension CC
  • Bridge
  • Prelude

Adobe Creative Cloud コンプリートプランは、フォトショップやイラストレーターなどの定番ソフトをはじめ、動画制作やアニメ制作などのクリエイター向けソフトが集約されているのが特徴です。

イラストレーターやフォトショップ以外にもソフトを使いたいなら、コンプリートプランがおすすめです。

\ まずは無料体験版から /

Illustrator(イラレ)の一般的な2つの購入方法

Illustrator(イラレ)の一般的な2つの購入方法

Illustratorの一般的な購入方法は下記の通りです。

イラストレーターを購入する方法

購入方法によって価格やサービスに違いがあります。

Adobe公式サイトで購入する

スクロールできます
プラン名年額料金月額料金
年間プラン(一括)28,776円2,398円
年間プラン(月々)32,736円2,728円
月々プラン45,936円3,828円
Adobeの公式サイトから引用

Adobe公式サイトで購入する最大のメリットは、7日間の無料体験ができることです。

イラストレーター 価格 買い切り
無料体験版のメリット
  • 製品版と同じ機能が利用できる
  • 体験期間が終了するまで金額を請求されることがない
  • mac OS、iOS、Windowsなど幅広いOSに対応している
  • 無料体験後でも各種割引が適応される

無料体験版を提供しているソフト・アプリの多くは、正式に契約することで機能制限を解除するシステムを採用しています。

しかしAdobeは無料体験版でも製品版と同じ機能を利用できるため、「自分が思い描いていた作品に仕上がらない」「求めていた機能がない」という失敗をすることがありません。

イラストレーターの機能や使用感が気になる方は、7日間の無料体験版を利用するのがおすすめです。

\ まずは無料体験版から /

Amazonで購入する

商品名期間価格
商品名期間価格
オンラインコード版12ヶ月26,160円
パッケージコード版12ヶ月
※2023年2月時点の価格
オンラインコード版の特徴
  • 利用登録時に必要なコードをその場で発行する形式
  • 商品配送なし
  • すぐにソフトを利用できる
  • Amazonのアカウントにコードが記載されているので紛失するリスクがない
  • 決済方法はクレジットカード、Amazonギフト券に対応
パッケージコード版の特徴
  • 利用登録時に必要なコードをカードにて送付する形式
  • 商品配送あり
  • 商品到着を待つためすぐにソフトを利用できない
  • 決済方法はクレジットカード、代金引換、コンビニ・ATM、ネットバンキング、電子マネー、携帯支払いに対応

12ヶ月のほかにも24ヶ月版や36ヶ月版も販売されています。はじめてイラストレーターを購入するなら、お試しとして12ヶ月版がおすすめです。

Amazonなどのネットショップの場合、サブスクリプションと呼ばれる月額制の支払いができないため、1回あたりの出費が多くなってしまうのがデメリットとして挙げられます。

結論としては、まずはAdobe公式サイトから7日間無料体験版を登録して、継続の可否を決めるのが良いでしょう。

Illustrator(イラレ)をお得に利用する3つの方法

Illustrator(イラレ)をお得に利用する3つの方法

一般的なイラストレーターの購入方法について紹介しましたが、実はIllustratorをお得に利用する為の方法が存在します。

少しでもお得に利用したい」という方は、上記のサービスを活用してみましょう。

Adobeのセール期間を利用する

Adobeは定期的にセール・キャンペーンをおこなっています。

この期間を活用することで、通常価格よりも安く買えたりお得なサービスが付いたりします。

イラストレーター 価格 買い切り

時期によってキャンペーン内容は異なるので、詳細についてはAdobe公式サイトの「Adobeのセール情報」のページを参考にしてみてくださいね。

Adobe認定スクールを利用する

Adobe認定スクールとは、Adobeソフトを利用してスキル習得を目的とした通信・通学教育です。

受講者には特別価格でAdobe製品を提供することが認められており、Adobeのコンプリートプランを年間39,980円という格安で利用することができます。

Adobeソフトが利用できるのはもちろん、仕事で使えるスキルも身に付くため、副業を目的とした方にも選ばれています。

着実にスキルを習得して仕事に結びつけたいなら、Adobe認定スクールを活用することもおすすめです。

単体プランではないので講座の費用がかかってしまうのは難点ですが、他のソフトと連携する予定のある方はぴったりの方法と言えるでしょう。

7日の無料体験を利用する

ソフト選びに失敗したくない方は、Adobe公式サイトから7日間の無料体験を利用しましょう。

当サービスは無料版でありながら製品版と同じ機能が利用できます。

そのため「実際に使ってから判断したい」と感じている方は、以下のボタンから無料で使ってみると良いでしょう。

\ まずは無料体験版から /

買い切りできるおすすめのイラスト制作ソフト3選

買い切りできるおすすめのイラスト制作ソフト3選

最後に買い切りできるおすすめのイラスト制作ソフトについても解説していきます。

買い切りできるおすすめイラストソフト
  • Procreate(プロクリエイト)
  • openCanvas(オープンキャンバス)
  • Paintstorm Studio(ペイントストームスタジオ)

これらのイラストソフト・アプリは買い切り版なので、サブスクリプションのように毎月課金する必要はありません。

Procreate(プロクリエイト)

買い切りできるおすすめのイラスト制作ソフト_Procreate(プロクリエイト)
Procreateの特徴
  • iPadとApple Pencilを用いた直感的なインターフェース
  • 64ビットのカラーで高精細なアートを作成
  • 250段階の取り消しとやり直し機能を搭載
  • 自動保存機能が搭載
  • 応答速度が速くスムーズな作業が実現

Procreate(プロクリエイト)はiPad専用のイラスト制作アプリです。

数百種類のブラシと革新的なアートツールが搭載されており、細部までこだわった演出ができます。

1,200円程度(2021年現在)とリーズナブルな価格でありながら、プロレベルのイラスト制作が可能です。

openCanvas(オープンキャンバス)

買い切りできるおすすめのイラスト制作ソフト_openCanvas(オープンキャンバス)
openCanvasの特徴
  • 初心者から上級者まで幅広く対応できるWindows専用ソフト
  • 機能的かつわかりやすいインターフェース
  • openCanvas独自のイベント機能を搭載
  • 鉛筆やペン、水彩、エアーブラシなど150種類以上のブラシ

openCanvasは、Windows専用のイラスト・ペイントソフトです。

openCanvas独自のイベント機能は、イラストの描き手順を記録・再生することが可能。この機能によって、どこからでも追記・修正ができます。

ほかにもショートカット機能も搭載しているので、作業効率化も図れます。

Paintstorm Studio(ペイントストームスタジオ)

買い切りできるおすすめのイラスト制作ソフト_Paintstorm Studio
Paintstorm Studioの特徴
  • 自分の好みにあわせて操作性を変更できるカスタムパネル
  • 充実した色調補正機能
  • 豊富な標準ツール

Paintstorm Studioは、iPad専用のイラスト制作アプリです。1,600円(2021年現在)とは思えないほど充実した機能が搭載しています。

トーンカーブやグラデーションマップ、HSB、HSLなど色調補正機能が充実しているので、色鮮やかで深みのある作品を仕上げることが可能です。

まとめ

イラストレーターの買い切り版の概要やプラン別の価格、イラストレーターをお得に利用する方法を紹介しました。

現在イラストレーターの買い切り版は販売中止になっているので、イラストレーターを購入するときは、公式サイトやAmazonを利用してください。

AdobeのCreative Cloud コンプリートプランなら、イラストレーターだけではなくPhotoshopやLightroomなどさまざまなクリエイティブツールを利用できます。

ぜひ本記事の内容を参考にイラストレーターをお試しください。

イラストレーターの価格に関する「よくある質問」

イラストレーターは無料で使えますか?

イラストレーターは7日間の無料体験版を提供していますので、有料版と同じ機能で無料体験できます。

詳細は「イラストレーターの無料版(体験版)をインストールする手順」をご参考ください。

イラストレーターに永続ライセンスはありますか?

Adobeの最新ソフトは全てサクスクリプション型になっていますので、現状イラストレーターの永続ライセンス版はありません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次