Premiere ProとPremiere Elementsの違いは?できることや特徴の違いを解説

・Adobe Premiere ProとPremiere Elementsは何が違うの?

・動画編集のスキルを身につけたいならどちらを使うべき?

・Adobe Premiere ProとPremiere Elementsは無料で使えるの?

「動画編集を始めたい」と思っている方のために、Adobe Premiere ProとPremiere Elementsの違いや、各ソフトの特徴、料金について徹底解説します。

目次

Premiere ProとPremiere Elementsのできること・特徴を解説

Premiere ProとPremiere Elementsのできること・特徴を解説

Adobe Premiere ProとPremiere Elementsはどちらも動画編集ソフトとして知られていますが、それぞれ特徴が異なります。

Premiere Proの特徴

Premiere Proの特徴

Premiere Proは、動画編集に必要なすべての機能が備わっているソフトです。

【Premiere Proの主な機能】

・カット

・トランジション

・エフェクト

・音量調節

・アニメーション

・テロップ挿入

・カラーグレーディング

など

無料の動画編集ソフトとは異なり、Adobe CCとの連携や外部サイトのプリセットを追加することも可能。VLOGや商品レビュー、プロモーション動画など、幅広いジャンルの動画編集をおこなえます。

有名YouTuberの「ヒカキン」氏や「はじめしゃちょー」氏もPremiere Proを使って動画編集・投稿をしています。

After Effectsと連携することで、VFXや3Dなどの演出も可能。クリエイティブな動画編集をおこないたい方にもおすすめです。

Premiere Elementsの特徴

Premiere Elementsの特徴

Premiere Elementsは「初心者でも簡単に動画編集を楽しめる設計」をコンセプトにしたソフトです。

あらかじめ用意されているフォーマットに沿って動画編集ができるので、入門編に最適。多くのツールがアイコンで表示されており、動画編集の初心者でも直感的に操作できるのも魅力的なポイントです。

【Premiere Elementsの主な機能】

・AI自動編集

・アニメーションマットオーバーレイ

・二重露光

・モーションタイトル

・再生/逆再生エフェクト

など

AIによる自動編集機能があるので、旅先の動画を短時間でまとめてSNSに投稿したいときにもおすすめです。

Adobe Premiere ProとPremiere Elementsの違いを徹底解説

Adobe Premiere ProとPremiere Elementsの違いを徹底解説

【Adobe Premiere ProとPremiere Elementsの違い】

・プロ向けか初心者向けか

・搭載されている機能

・料金

①プロ向けか初心者向けか

・Premiere Pro:初心者からプロ向け

・Premiere Elements:初心者向け

どちらも動画編集ができるソフトですが、対象者のレベルが異なります。

Premiere Elementsはメニューボタンやガイドが用意されているので、手順通り作業を進めれば動画編集ができます。

しかし編集のフォーマットが決まっているので、Premiere Proのようにエフェクトを細かく調整できないのが残念なポイント。初心者には使いやすいですが、こだわりの映像を作りたい方には不向きです。

Premiere Proはトランジションやエフェクト、カラー補正など細かい調整ができるのがメリットです。

②搭載されている機能

Premiere Proは機能性に優れていますが、動画編集の初心者にとってはハードルが高い一面もあります。

Premiere Elementsは、初心者でも簡単に動画編集ができる「クイック編集」の機能が搭載されています。Premiere Proのようなエフェクトを簡単に適用できるのは魅力的なポイントです。

③料金

Premiere ProとPremiere Elementsの大きな違いは、料金体系です。

・Premiere Pro:サブスクリプション

・Premiere Elements:買い切り

Adobeソフトの多くはサブスクリプション(月額制)ですが、Premiere Elementsは買い切り方式を採用しています。

買い切りのメリットは、コストを抑えられることです。一度購入すると、それ以降の支払いは必要ないので予算をかけられない方にもおすすめ。一方で月額制は、毎月同じ金額を支払う必要があります。

Adobe Premiere ProとPremiere Elementsのプラン

Adobe Premiere ProとPremiere Elementsのプラン

【Premiere Proのプラン】

プラン料金価格
年間プラン(月払い)2,480円
年間プラン(一括払い)26,160円
(月換算で2,180円)
単体プラン(月払い)3,480円
Adobeの公式サイトから引用

【Premiere Elementsのプラン】

プラン 買い切り
Premiere Elements 19,580円

※価格はすべて税込です。

Premiere Proは、3種類のプランがあります。もっともお得なのは、年間契約(一括払い)です。経済的な理由で一括払いが難しい方は、年関契約(月払い)がおすすめ。短期間だけ使用するなら、月々契約が適しています。

さまざまなソフトを使用するならAdobe CCがおすすめ

もし複数(3つ以上)のソフトを使いたいと思っているなら、単体プランで契約するのではなく「Adobe Creative Cloudプラン(Adobe CC)」がおすすめです。

Adobe CCとはイラストレーターやフォトショップ、Adobe XD、Premiere Proをはじめとする20以上のアプリ・ソフトを定額で使用することができます。

adobeccで使えるソフトの一例
Adobe CCでは20種類以上のソフトが使える

写真加工・編集・イラスト制作・動画編集など、Adobeの主要ソフトが揃っているため、まさにクリエイター向けのプランと言えるでしょう。

スクロールできます
ソフト名価格(単体プラン/年間月々払い)
Illustrator2,728円
Photoshop2,728円
Premiere Pro2,728円
Adobe CC6,480円/月
*年間プランの場合
3種類以上の単体プランを契約するときの価格事例

このように3種類のソフトを単体プランで契約した場合、月々8,184円かかりますが、Adobe CCの個人プランは、月々6,480円と毎月1,704円お得に使うことができます。

そのため、コンプリートプランを利用することで、コスパよく最新のアドビ製品を使うことができますよ。

\ まずは無料体験版から /

Adobe Premiere ProとPremiere Elementsどちらを学ぶべきか

・YouTuberとして動画投稿をしたい

・動画編集のスキルを活かしてクラウドソーシングで仕事をしたい

・動画編集のスキルを身につけるならどちらを学ぶべき?

「クオリティの高い動画制作をしたい」、「動画編集を仕事にしたい」と考えているなら、Premiere Proがおすすめです。

スライドショーのような簡単な動画から、合成を使ったクリエイティブな作業までおこなえるので、使い続けていくうちに動画編集のスキルも上がります。

また、Premiere ElementsよりもPremiere Proの方がユーザー数は多いので、情報共有しやすいのもメリットとして挙げられます。

アドビスクールパートナーなら効率良くスキルが身に付く

アドビスクールパートナーとは、Adobe製品の使い方を学びたい初心者から、スキルを習得してキャリアアップを目指す方まで、幅広い方に独自の教材およびトレーニングサービスを提供する通信講座です。

アドビスクールパートナーのなかでも「ブロンズスクールパートナー」「ゴールドスクールパートナー」「プラチナスクールパートナー」と分かれており、価格やサービスが異なります。

【プラチナスクールパートナー】

・パソコンスクールISA

・アドバンスクール

・デジタルハリウッド

・ヒューマンアカデミー

アドビスクールパートナーをおすすめ理由は、以下の通りです。

【アドビスクールパートナーのメリット】

・プロの動画クリエイターが指導するので独学よりもスキル習得が早い

・学生や教職員、教育機関以外でも格安で使用できる

・2年目も更新できる

アドビスクールパートナーのなかには、プロの動画クリエイターが課題添削をおこなうサービスを提供している講座があります。

現場を知り尽くしたプロの動画クリエイターがフィードバックをしてくれるので、独学よりもスキルが身に付くのが早いと評判です。

デジタルハリウッドは、動画編集のスキルや企画・マーケティングスキルを学ぶ「ネット動画クリエイター専攻」を開講しているので、動画を活かした仕事の幅も広がります。

デジタルハリウッドの評判や口コミ、特徴について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Premiere ProやPremiere Elementsの仕事をもらう方法

Premiere ProやPremiere Elementsの仕事をもらう方法

・Premiere ProやPremiere Elementsを使った仕事はできるの?

・どのような流れで仕事に繋げるのか知りたい

動画編集を仕事にする上で重要なのが実績づくりです。

「今までどんな動画を制作してきたのか?」と聞かれて、実際にポートフォリオを提示できれば契約も進みやすくなります。

もちろん動画編集の初心者は実績がないので、クラウドソーシングやSNSなどを活用して実績づくりをしてみましょう。

クラウドソーシングとは、仕事を依頼する人と仕事をしたい人を繋げるマッチングサイトです。

クラウドソーシングサイトによって案件の数や仕事内容が異なるので、登録する前にそれぞれの特徴を抑えておきましょう。

Adobe Premiere  ProとPremiere Elementsは無料体験版をリリースしている

・Premiere ProとPremiere Elementsを実際に使ってみたい

・無料で使う方法はないの?

結論を申し上げると、Premiere ProとPremiere Elementsを永久的に無料で使用することはできませんが、どちらも期間限定で無料体験版を提供しています。

【無料体験版の特徴】

・Adobe Premiere Proの無料体験期間は7日間

・Premiere Elementsの無料体験期間は30日間

・Premiere Proは無料体験期間が終了すると自動でサブスクリプションに移行する

・無料体験期間中はいつでも解約可能であり料金は発生しない

・無料体験の後でも学生割引は適用される

無料体験版をインストールしたい方は、以下のページを確認してみてください。

\ まずは無料体験版から /

プレミアプロでできることを解説してみた

Adobe Premiere ProとPremiere Elementsはこんな人におすすめ

【Premiere Proはこんな人におすすめ】

・動画編集のスキルを身につけたい人

・動画編集の仕事をしたい人

・Adobe CCと連携したクリエイティブな作業をしたい人

【Premiere Elementsはこんな人におすすめ】

・動画編集を始めてみたい人

・買い切り版の動画編集ソフトを探している人

・センスの良い動画を短時間で作りたい人

Premiere ProとPremiere Elementsはどちらも動画編集ソフトですが、機能や使い勝手が異なります。ご自身の目的や用途に合うものを選んでみてください。

まとめ

今回は、Premiere ProとPremiere Elementsの違いについて解説しました。

【おさらい】

・Premiere Proは上級者向けの機能が搭載されている

・Premiere ElementsはAI自動編集など初心者向けの機能が搭載されている

・Premiere Proはサブスクリプション、Premiere Elementsは買い切り版

・どちらも無料体験版を提供している

・動画編集を仕事にしたいならPremeire Proがおすすめ

ぜひ本記事の内容を参考に、ご自身に合うソフトを選んでみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次