Adobeソフト(45種類)を全解説!用途別のおすすめソフトも紹介【一覧】

  • Adobeって有名だけどどんなソフトがあるの?
  • Adobeのソフトはどんなことに使えるの?

こんな悩みに答えます。

Adobeのソフトに興味を持っているものの「どんな種類のソフトや使い道があるのか分からない」と感じている人は多いのではないでしょうか?
本記事では、Adobeのおすすめソフト一覧からその使い道について解説していきます。

この記事を読むことで、あなたがAdobeを使うか使わないかを判断することができますよ。

目次

Adobeのソフトとは全部で45種類!一覧で解説

Adobeのソフトとは全部で45種類!一覧で解説

Adobe製品は世界中で最も利用されている製品です。初心者の方から現役でバリバリのプロの方まで、どんな方でも使いこなすことができればスキルアップや収入アップに繋がります。

Adobeソフトは全部で45種類存在しますが、大まかに分類すると「PCで利用できるAdobe CCソフト」「スマホで利用できるモバイルアプリ」「買い切り版のソフト」に分けられます。

まずはソフトの種類について解説していきますね。

22種類のソフトを全て使えるAdobe Creative Cloud

Adobeの商品と言えば、まず挙げられるのがAdobe Creative Cloudです。

Adobe Creative Cloud(Adobe CC)はAdobeソフト22種が使い放題のソフトプランのことで、WEB制作、動画制作、画像編集などはAdobe CCプラン1つですべて可能となっています。
Adobe CCは20種のソフトと2種のシステム系ソフトがあります。システム系ソフトはソフトというよりプラグインに近いものとなっています。

Adobe CCソフト全20種を一覧で解説

Adobe Creative Cloudのソフト20種類は下記の通りです。

スクロールできます
名称詳細
Premiere Pro動画編集データの加工・編集ができる映像制作ソフト
Photoshop写真のレタッチ・置換・合成や、グラフィックデザインができるソフト
Illustratorポスターやチラシ、ロゴのデザインができるソフト
After Effectsデジタル合成・モーショングラフィックスができるソフト
Adobe XDUI/UXのデザインツールソフト
DreamweaverWebサイトやアプリのデザインを行うソフト
InDesign印刷物のレイアウトに使うDTPソフトウェア
Lightroomカメラマン必須の写真処理ソフト
コンプリートプランの主要なソフト

代表的なものを挙げると、動画編集として使われるPremiere Pro、デザインに使われるPhotoshopやIllustratorなどでしょう。

Adobe CCのプランを使うだけで、クリエイターとしてほぼ全ての仕事を完遂させることが可能です。

Adobe CCのシステム系ソフト2種類

そしてAdobe CCのシステム系アプリは2種のみです。

  • Camera Raw
  • Media Encoder

スマホで利用できるモバイルアプリ21種

次にスマホで利用できるモバイルアプリですが、Adobeのモバイルアプリは全部で21種あります。

大きく分類すると「写真、画像編集」「イラスト、デザイン編集」「動画・AR」「その他サービス系」の4つに分類されるので、1つ1つ見ていきましょう。
モバイルアプリなのでデスクトップソフトより操作性は低いですが、こちらも使いこなせば後々デスクトップソフトも使いこなすことも用意に可能です。

写真・画像編集ソフト一覧

写真・画像編集ソフトは下記の通りで、全部で6種類あります。

  • Photoshop
  • Photoshop Mix
  • Photoshop Camera
  • Photoshop Fix
  • Photoshop Express
  • Lightroom

イラスト・デザイン編集ソフト一覧

イラスト・デザイン系の編集ソフトは全部で7種類あります。

  • Illustrator
  • Adobe Fresco
  • Photoshop Sketch
  • Adobe Fresco
  • Adobe Capture
  • Adobe Comp
  • Adobe XD

動画・AR系ソフト一覧

動画・AR系ソフトは下記の通りです。全部で5種類あります。

  • Premiere Rush
  • Adobe Spark Page
  • Adobe Spark Post
  • Adobe Spark Video
  • Adobe Aero

サービス系ソフト一覧

最後にサービス系ソフトです。こちらは3種類になります。

  • Adobe Portfolio
  • Behance
  • Creative Cloud for iOS/Android

買い切りのAdobe Elements 2種類

PCで利用できるソフトからモバイルで利用できるソフトまで紹介してきましたが、実はAdobeでは買い切りのソフトも存在しています。

現在、販売中のものは2種のみとなっています。
ソフト 値段
Photoshop Elements 19,580円
Premiere Elements 19,580円

こちらのElementシリーズは初心者向けに作られており、パソコンを初めて触るという人でも、画像編集と動画編集ができるものとなっています。

どちらも価格は同じで、2つ合わせて購入すると27,280円となり、かなりお得に購入することができます。

しかしいずれも簡易的な編集ができるソフトですので、本気でソフトを活用していきたいと感じている人にとっては不向きと言えるでしょう。

Adobeのソフトを使った方が良い3つの理由

Adobeのソフトを使った方が良い3つの理由

Adobeのソフトについて解説してきましたが、次にAdobeのソフトを使った方がお得!と感じる理由について解説していきます。

低価格で多数のソフトが使えるからコスパが良い

1点目は「低価格で多数のソフトが使えるからコスパが良い」という点です。

先にも説明した通り、Adobeが提供しているAdobeCCプランでは、Adobe製品22種のソフトを使用することができます。これにより、クリエイターとしての作業をほぼ全て完遂させることが可能です。

22種のソフトを購入するとなるとかなりの費用が必要になりますが、AdobeCCプランはサブスク制になっており、ソフトは購入期間内で使い放題なので無駄なく購入することができます。

Adobeのソフトは、使用用途ごとにソフトを使い分けて使用することが多いです。22種のソフトをそれぞれどの場面で使用すればいいか、この後解説していきます。

気になるCCプランの値段は年間プランで約70000円程度ですが、ある裏ワザを使うことで、最安値で年間4万円(月3,000円)前後で使用可能です。

世界中でAdobeソフト使われているから情報が多い

2点目は「世界中でAdobeソフト使われているから情報が多い」という点です。

Adobeは世界中で最も使用されているソフトです。現役のプロの方から、これから始める初心者の方まで多数の利用者が存在します。

使い方やテクニックなどをYouTubeやサイトで公開している方が非常に多く存在しますので、ソフトを使用していて困った時でも、検索をかけることで大半のことを解決することが可能です。

ニッチなソフトを使ってしまうと使い方に悩んだ時に大変ですので、シンプルに「みんなが使っているものを使う」方が無難だと言えるでしょう。

Adobeのソフトは他のソフトと互換性が高い

3点目は「Adobeのソフトは他のソフトと互換性が高い」という点です。

Adobeのソフトは複数のソフトを同時に使用することが多いです。そのためにデータを別のソフトで連結させる必要がありますが、同じ会社で作っている製品なので、互換性が高く管理がとても簡単になっています。

AdobeCCプランではクラウドストレージが10GB提供されるので、その中でフォルダを作成しデータ管理も可能です。

法人版であれば、100GBのクラウドストレージが提供されるので、法人の方はそちらを購入しましょう。

動画作成・動画編集におすすめのAdobeソフト3選

動画作成・動画編集におすすめのAdobeソフト3選

Adobeの製品を使うべき理由について解説しましたので、次に目的・用途別におすすめのAdobeソフトを紹介していきます。

動画作成・動画編集におすすめのAdobeソフトは下記の通りです。

Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Proは、映画、テレビ番組、WEB動画まで様々な動画を作成するための動画編集ソフトです。

動画データには様々なフォーマットがありますが、ほぼ全てのファイル形式に対応しているので、どんな動画でも開いて編集することができます。

後述するAdobe Auditionという音声編集ソフトなどと互換性が高く、ハイクオリティな動画に纏めることが可能です。

Premiere ProはAdobeソフトの中でも需要がかなり高い人気ソフトの1つと言えるでしょう。

\ まずは無料体験版から /

プレミアプロでできることを解説してみた

Adobe After Effects

Adobe After Effects

Adobe After Effectsは、映像のデジタル合成やモーショングラフィックス・タイトル制作など、あらかじめ撮影した動画を利用するのでなく、1から動画を制作することに特化したソフトです。

通常の2D画面編集だけでなく、なんと3D空間での編集も可能です。これにより、立体的な映像を作成することができ、あまり見ないようなハイクオリティな動画を作成することができます。

プラグインという拡張機能も豊富に用意されていて、活用することでできることを大幅に広げることができます。

Adobe Premiere Proに合わせて使うという利用方法が一般的だと言えるでしょう。

\ まずは無料体験版から /

アフターエフェクトでできることを解説してみた

Adobe Audition

Adobe Audition

Adobe Auditionは音声編集をするためのソフトです。

効果音の追加や音声の編集だけでなく、効果音を新しく作成したり、ノイズが含まれたデータのノイズを除去したりすることもできます。

映像編集ソフトのAdobe Premiere Proや、動画作成ソフトのAdobe After Effectsと合わせて使用することで、より高レベルな動画制作が可能になります。

Adobeのソフトは他のソフトと互換性が高いので、ストレスなく作業を進めていくことが利点です。

\ まずは無料体験版から /

Auditionの使い方について解説してみた

クリエイティブ・デザイン関連におすすめのAdobeソフト3選

クリエイティブ・デザイン関連におすすめのAdobeソフト3選

次にクリエイティブ・デザイン関連におすすめのAdobeソフトを紹介していきます。

Adobe Photoshop

Adobe Photoshop

Adobe Photoshopは撮影した写真を編集することに特化したソフトです。

近年ではスマートフォンでも写真の加工ができますが、Photoshopはさらに細かく写真編集(フォトレタッチ)ができます。
写真の色調補正から明暗調整は勿論、切り抜いて加工したり、切り抜いたものを合成することなども可能です。

\ まずは無料体験版から /

フォトショップできることを解説してみた

Adobe Photoshop Lightroom

Adobe Photoshop Lightroom

Adobe Photoshop Lightroomは、Photoshopよりもさらに写真を美しく編集するためのソフトです。

Photoshopの写真編集機能の他に、名前にライトルームとあるようにルームのようなアルバム機能があります。アルバム機能では、写真の管理が可能となっており写真の整理を効率的に行うことが可能です。
モバイル版もありますので、外出先での編集や出力もできます。

\ まずは無料体験版から /

Lightroomが無料で使えるのかを解説

Adobe Illustrator

Adobe Illustrator

Adobe Illustratorは、ベクター画像と呼ばれる曲線を用い、作成された画像データを扱う図形描画ソフトです。

印刷・Web・ビデオ・モバイルなど様々なところで使用でき、Illustratorを使うことでイラスト・ポスター・ロゴなどを作成することができます。

一見、Photoshopと似たように思いますが、Photoshopは画像編集ソフトで、写真などがある時に有効に活用できるソフトです。

Illustratorは、写真がなくともオリジナルのロゴや、イメージイラストなどの作成ができます。デザイン関係の作業をするときには、Photoshopと並んで必ず必要となるようなソフトです。

Webデザイナーやグラフィックデザイナーを目指している人はまさに必須のソフトと言えるでしょう。

\ まずは無料体験版から /

イラストレーターでできることを解説してみた

サイト制作におすすめなAdobeソフト2選

次にサイト制作におすすめのAdobeソフトを2つ紹介していきます。

Adobe Dreamweaver

Adobe Dreamweaverは、HTMLやCSS、JavaScriptなどのソースコードを統合しているオーサリングソフトです。

オーサリングソフトというのは、コーディングをする際の制作補助などをしてくれるソフトのことで、WEBサイトの制作や管理など基本的な機能が詰まっており、作業効率をアップさせることができます。

コーディングをする際に次に入力する文字を予測変換してくれる機能(コード補完機能)がとても使い勝手がよく人気の機能です。

またコードを検証してエラーを検出してくれる(コード検証機能)など、他にも優秀な機能が揃っています。

Adobe Experience Design

Adobe Experience DesignはUX(ユーザビリティインターフェース)のデザイン作成に特化したソフトです。

ユーザビリティインターフェースとは、ユーザが使用した時に使いやすいデザインになっているかどうかを表す言葉になります。

WEBサイトやアプリケーションでは使い勝手はデザインとともには重要な部分です。コードが関係するデザインに関してはAdobe Experience Designの使用をおすすめします。

パブリッシングにおすすめなAdobeソフト2選

パブリッシングにおすすめなAdobeソフト2選

最後にパブリッシングにおすすめなAdobeソフトを2つ紹介していきます。

Adobe In Design

Adobe In DesignはDTPのための編集ソフトです。

書籍や出版物、新聞、WEB制作まで様々な物のレイアウト調整ができます。目次作成機能や、段抜きやフレームツールなど充実した機能が備わっています。
他のソフトでもレイアウト調整などは可能ですが、Adobe In Designは誌面等のレイアウト調整に特化したソフトなので、格段に効率よく作業ができるのでこちらを使用しましょう。
あわせて読みたい
Adobe InDesignは無料で使える?使い方や料金プランを徹底解説 ・Adobe InDesignは無料で使えるの? ・料金プランやお得に利用する方法を知りたい ・InDesignは具体的にどんな用途で使えるの? Adobe InDesignはAdobe社が提供してい...

Adobe Acrobat DC

Adobe Acrobat DCはPDFデータの編集が可能なソフトです。PDFはデバイスなどに関係なく、印刷や表示ができます。Adobe Acrobat DCはPDFデータの編集、デジタル署名、注釈などができます。

Adobe Acrobat DCは使用したことがなくとも、Adobe Acrobat Readerであれば使用されたことがあるのではないでしょうか。
Adobe Acrobat Readerは閲覧機能のみに特化したものなので、DCの簡略版、下位互換といった位置づけになります。
あわせて読みたい
Adobe Acrobat DCを無料でダウンロードする方法は?有料との違いも徹底解説 こんな悩みに答えます。 Adobe Acrobat DCを無料でダウンロードする方法を知りたいと感じている方は多いでしょう。 【Adobe Acrobat DCとは】 Adobe Acrobat_DCはファイ...
あわせて読みたい
Adobe Acrobatの体験版を使い続けることは可能?期間や制限について解説 Adobe Acrobatの体験版でできることは? Adobe Acrobatの価格について知りたい こんな悩みに答えます。 Adobe Acrobatを使いたいと思っていて、体験版を使い続けられる...

Adobe Creative Cloud コンプリートプランの利用に向いている人

Adobe Creative Cloud コンプリートプランの利用に向いている人

Adobeのソフトとその用途について解説してきましたが、実際にソフトを複数使うべきなのか迷う方も多いですよね。

そこで次にAdobe Creative Cloud コンプリートプランの利用に向いている人について解説していきます。

使いたいソフトが複数ある人

動画クリエイター向けのAdobeソフトは、いくつあるか知っていますか。Premiere RushやPremiere Proなど全部で4種類。

さらに魅力的なサムネイルや、挿入画像を作成するために、PhotoshopやLightroomなどを活用することもできます。

もし複数(3つ以上)のソフトを使いたいと思っているなら、単体プランで契約するのではなく「Adobe Creative Cloudプラン(Adobe CC)」がおすすめです。

写真加工・編集・イラスト制作・動画編集など、Adobeの主要ソフトが揃っているため、まさにクリエイター向けプランと言えるでしょう。

【3種類以上の単体プランを契約するときの価格事例】

ソフト名 価格(単体プラン/年間月々払い)
Illustrator 2,728円
Photoshop 2,728円
Premiere Pro 2,728円
Adobe CC 6,268円/月

このように3種類のソフトを単体プランで契約した場合、月々8,184円かかりますが、Adobe CCの個人プランは、月々6,268円です。

イラストレーターやフォトショップ、Adobe XDなどのクリエイターが愛用するソフトを揃えながらも低価格を実現。3種類の単体プランを契約するよりも毎月1,916円お得です。

Adobe CCは個人プランや学生プランによって価格が異なります。Adobe CCの詳細について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

Creative Cloudにデータを保存したい人

コンプリートプラン内のCreative Cloud ファイルを利用すれば、制作物の保存・共有をcloudで行えます。

そのため、容量の少ないPCでも容量不足を心配する必要はありません。

Adobeソフトを積極的に使って作業したいと考えているならば、コンプリートプランが相性抜群ですよ。

Adobeのソフトを連携して使いたい人

Adobeソフトは単体で利用するより、複数を連携することで効率的に作業することができます。

また、コンプリートプランは「より作業スピードを上げたい」という人だけでなく、「ハイクオリティな動画を作りたい」という人にもおすすめ。
ソフトの連携で細かいところまで行き届いた作業が行えるため、より精度の高い動画に仕上がります。

Adobe Creative Cloud コンプリートプランのオプション

Creative Cloud コンプリートプランのオプション

Creative_Cloudコンプリートプランにはソフト以外にも、追加料金なしで豊富で便利なサービスを利用できます。

サービス内容を一通り知ってから、ソフトとの連携方法を理解すると、クリエイティビティを刺激されること間違いなしです。

Adobe Fonts

15000種類ものフォントがそろうAdobe Fontsは、動画やWebなど様々な用途への使用が可能。使用するフォント数に制限はなく、全て商用・個人用に利用できます。

中には「フォントパック」という機能があり、テーマごとにフォントを選べたり、テンプレートからお気に入りのフォントを見つけたりすることもできますよ。

Adobe Stock

Adobe Stockでは、写真・動画・音楽・イラスト・テンプレートなど高品質な素材を利用できます。

様々なコレクションの中からぴったりな素材をセレクトして、作品の可能性を広げられますし、Photoshop、Illustratorのようなアプリから直接入り、購入から管理まですることも可能です。
素材10点までであれば、初回無料で利用できるので一度試してみてはいかがでしょうか。

Creative Cloud ライブラリ

Creative Cloud ライブラリの魅力は、Adobeアプリで作られた様々なデザイン素材を、用途に分けてライブラリに保存できるところです。

制作チームとライブラリを共有すると、メンバー全員の閲覧が可能に。チームでより良いアイデアを生み出したり、一貫した作品を作ったりもできるでしょう。

Creative Cloud ファイル

Creative Cloud ファイルでは、Creative Cloudのアカウントを通じて接続したデバイス同士で、ファイル、フォルダ、ライブラリなどを同期します。

これにより、PCとスマートフォンの連携が可能になり、保存済のデータはデバイスを変えても、続きの作業をすぐに再開することができます。
コンプリートプラン利用者は、使用可能クラウドストレージ容量は100GB。また追加払いで、最大10GBまでであればストレージ容量をアップデートできますよ。

Behance

Behanceは、世界各国のクリエイターが作品をアップするSNS。

動画クリエイター、イラストレーター、フォトグラファーなど多様なクリエイターの作品を閲覧したり、コメントしてコミュニケーションをとったりすることができます。

分野にとらわれず、ライブやアーカイブを通して、クリエイターの使うツールやスキルを習得することも可能に。

自分の作品を投稿すると、世界中のクリエイターから評価やコメントをもらえるため、今後の作品制作のモチベーションアップに繋がります。

また投稿する際には、内容を英語で書いた方が閲覧されやすいですよ。さらに求人ページでは、クリエイターの求人情報が掲載されていて、雇用形態、活動場所、活動分野などから検索して調べることができます。

Adobe Portfolio

Adobe Portfolioなら、オシャレなポートフォリオがすぐにできあがります。1つのアカウントで複数のサイトが作れるので、ジャンルの異なった作品を纏めるのにも便利です。

一般的に、ポートフォリオから仕事を依頼してもらうためには、外部のサービスから独自ドメインを購入しなければならないですが、無料で設定できるのが嬉しい点。

さらに、BehanceやLightroom、Adobe Fontsといったアプリに対応しているため、画像や文字フォントの挿入などがスムーズになります。

まとめ

Adobeの全ソフト(45種類)に関する記事は以上です。

Adobeのソフトは数多くありますが、基本的に下記のソフトを把握しておけば問題ありません。自分に合ったソフトの特徴を抑えておきましょう。
スクロールできます
名称詳細
Premiere Pro動画編集データの加工・編集ができる映像制作ソフト
Photoshop写真のレタッチ・置換・合成や、グラフィックデザインができるソフト
Illustratorポスターやチラシ、ロゴのデザインができるソフト
After Effectsデジタル合成・モーショングラフィックスができるソフト
Adobe XDUI/UXのデザインツールソフト
DreamweaverWebサイトやアプリのデザインを行うソフト
InDesign印刷物のレイアウトに使うDTPソフトウェア
Lightroomカメラマン必須の写真処理ソフト
コンプリートプランの主要なソフト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次